英語で叶えるグローバルキャリア Vol.8 ライブさながらの卒業式 in NY & 教師から見た「英語スピーキング力が伸びる学習者」とは?

更新日 : 2014年9月6日

こんにちは!Q-Leapの愛場です。大好きな秋になりさっそく秋仕様の服に変えたら、また夏のような暑さに…日本の夏はしぶといですね~(^^;)

2011年、コロンビア大学の卒業式 を経て私は企業や大学で英語スピーキングを教える講師になりました。(厳密には在学中の2008年より、アルクから派遣されるの企業講師として働いていました。)

その笑いに溢れた卒業式の模様に加え、アメリカの大学院を出るメリット、そして英語講師からみた「伸びる学習者」についてご紹介しています。ぜひご覧ください!

オリジナルの記事はこちらのサイトに寄稿させていただいています → http://ceburyugaku.jp/14495/

Columbia Graduation

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
The following two tabs change content below.
愛場 吉子

愛場 吉子

筑波大学 国際総合学類 卒業 / コロンビア大学大学院にて英語教授法(TESOL)修士号取得 / アルクの企業研修英語講師、スピーキングテストの試験官、評価官を経て、2011年よりCalvin Klein ニューヨーク 本社のライセンスビジネス事業部にて勤務。2014年春に帰国、ビジネス経験と英語教授のスキルを活かし、大手IT企業や外資系製薬会社をはじめとする企業にてビジネスパーソン向け英語指導に従事。

コメントをどうぞ

CONTACT PAGETOP