英語で叶えるグローバルキャリア Vol.6 NYの熱い夏、学生に戻る。日本の英語教育は1世紀以上遅れていた!?

更新日 : 2014年8月22日

皆さんこんにちは!8月もいよいよ後半、秋の爽やかな季節が待ち遠しいところですね。

さて今週は「 NYの熱い夏、学生に戻る。日本の英語教育は1世紀以上遅れていた!?」 をお届けします。

5年半の社会人生活を経て、英語教育の分野への転身。その大きな一歩がコロンビア大学の教育大学院で英語教授法を学ぶことでした。

多国籍、多様なクラスメートに囲まれ、最新の英語教授法を学ぼうと意気込んで臨んだ先に待っていた衝撃とは!?

短時間に自分の意見を英語で素早く伝えるようになる為の練習方法や、社会人から学生に戻るメリットも紹介しています。是非ご覧ください。

オリジナル記事はこちらのサイトに寄稿させていただいています。→ http://ceburyugaku.jp/14409/

写真2

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
The following two tabs change content below.
愛場 吉子

愛場 吉子

筑波大学 国際総合学類 卒業 / コロンビア大学大学院にて英語教授法(TESOL)修士号取得 / アルクの企業研修英語講師、スピーキングテストの試験官、評価官を経て、2011年よりCalvin Klein ニューヨーク 本社のライセンスビジネス事業部にて勤務。2014年春に帰国、ビジネス経験と英語教授のスキルを活かし、大手IT企業や外資系製薬会社をはじめとする企業にてビジネスパーソン向け英語指導に従事。

コメントをどうぞ

CONTACT PAGETOP