NYのスタバでカフェラテを注文するなら

更新日 : 2015年1月17日

ニューヨークを訪れたことがある方は一度は目にしていると思います。片手にコーヒー、片手にスマホ をもって歩くのニューヨーカー。

私もNYで生活していた去年までは、ニューヨーカー気取りでほぼ毎朝のように職場に行く途中にコーヒーを買っていました(^^)

忙しいニューヨーカーは、コーヒーを頼む時もできるだけ手っ取り早くオーダーしたいもの。そんな中で身につけた英語で、飲み物を一発で注文するコツをご紹介します。

例えば、トールサイズのカフェラテを、無脂肪牛乳で、持ち帰り用にオーダーしたいとします。1)トールサイズ 2)カフェラテ 3)スキンミルク 4)持ち帰り 、と4つの情報を一文に落とし込むと…

Can I have a tall latte with fat-freemilk to go please?

それを、うっかり「Can I have a latte please? (カフェラテもらえますか。)」と言ってしまうと、店員から追加の質問が返ってきてしまいます。

”What size would you like?(サイズはいかがされますか。) For here(stay) or to go? (こちらで召し上がりますか?お持ち帰りですか?)What kind of milk would like? (どんなミルクをご希望ですか)” …そうそう、ミルクの種類が多いんですよね、アメリカって(^^;)

これらの余分な質問を先回りして、はじめから伝えることができれば、注文はすんなり終わって、忙しいときもささっと次の目的地へ向かえますよね!

まとめると…「Can I have /  I’d like」ください+ a (two/three) 個数+ short/tall/large/ サイズ+ coffee/latte/hot chocolte/ 欲しいもの+ with fat-free milke/whole milke/whip cream 追加のミルクやクリームなど+ to go/for here 持ちかえりかどうか+ please?

皆さんもアメリカや海外のスタバやコーヒーショップでオーダーするとき、是非試してみてくださいね!

Ace hotel

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
The following two tabs change content below.
愛場 吉子

愛場 吉子

筑波大学 国際総合学類 卒業 / コロンビア大学大学院にて英語教授法(TESOL)修士号取得 / アルクの企業研修英語講師、スピーキングテストの試験官、評価官を経て、2011年よりCalvin Klein ニューヨーク 本社のライセンスビジネス事業部にて勤務。2014年春に帰国、ビジネス経験と英語教授のスキルを活かし、大手IT企業や外資系製薬会社をはじめとする企業にてビジネスパーソン向け英語指導に従事。

コメントをどうぞ

CONTACT PAGETOP