筆者が語る‐ENGLISH JOURNALで学習する最大の魅力とは

更新日 : 2021年2月12日

光栄にも、昨年の10月号より、2021年になんと50周年を迎えたアルクの月刊誌English Journal(イングリッシュ・ジャーナル)の「学習コーナー」の執筆と総合監修を担当させていただいています!

今回は、筆者としてこの学習コーナーの最大の魅力を3つお伝えしたいと思います。

① 世界の第一線で活躍している俳優、ミュージシャン、映画監督などの著名人・文化人の生インタビューを聞ける。「本当に使われている英語・表現の宝庫」!しかも、アメリカ英語、イギリス英語にとどまらず、スウェーデン、韓国、日本など様々な言語圏の英語を聞ける

② 世界で注目されている経済学者など、最前線で活躍する研究者やリーダーたちや、歴史上の人物の功績から、様々な分野で豊かな知識を英語で学ぶことができる

③ 各コーナーの音声を使って、実際に英語力を高めていただく学習法(愛場担当コーナー☆↓)が充実!!

  • キーフレーズ解説
  • 内容理解クイズ(Ture/False クイズ)
  • ディクテーション (音声を聞こえたとおりに書き取る)
  • シャドーイング(音声を聞きながら、それを自分の口ですかさずできるだけ忠実に再現)
  • 考えてみよう!(関連するテーマで自分でもショートスピーチに取り組む。解答例つき❤)

英語の指導者としての目線で「この表現は絶対、役立つよ~!」「こういう問いに英語で答えられるようになるといいね!」という問題も、熱い(暑い?)教師魂で作らせていただいております。で、是非是非、お役立ていただければ嬉しく思います!

Audible(←https://www.audible.co.jp/)を使って最近流行っている「耳活」にも是非♡

―――

最新2月号と3月号のリンクはこちら

2021年2月号 ■特集■ネイティブに一発で通じる LとRの「超」発音トレーニング

https://www.amazon.co.jp/dp/B08PQ3LZ68/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_D9SWW0DSKR06Q4J4HHRE?_encoding=UTF8&psc=1

2021年3月号 ■特集■英語脳を鍛える50の難問付き スマートに使いこなす「関係詞」

https://www.amazon.co.jp/dp/B08SGFRYR5/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_Z60J65SVJS31TXFPF5WS?_encoding=UTF8&psc=1

 

The following two tabs change content below.
愛場 吉子

愛場 吉子

筑波大学 国際総合学類 卒業 / コロンビア大学大学院にて英語教授法(TESOL)修士号取得 / アルクの企業研修英語講師、スピーキングテストの試験官、評価官を経て、2011年よりCalvin Klein ニューヨーク 本社のライセンスビジネス事業部にて勤務。2014年春に帰国、ビジネス経験と英語教授のスキルを活かし、浅場眞紀子とQ-Leapを設立。大手IT企業、コンサルティングファームをはじめとするグローバル企業にてエグゼクティブやビジネスパーソン向け英語指導に従事。2015年より中央大学ビジネススクールの講師も務める。

コメントをどうぞ

CONTACT PAGETOP