英語で叶えるグローバルキャリア Vol 10. アメリカでの就職活動パート2 – Cavin Klein入社への道

更新日 : 2014年9月19日

皆さんこんにちは。Q-Leapの愛場です。

「自分の仕事力、英語力はどれだけ海外でも通用するんだろう?」そんな風に思ったことはありませんか?

私自身、ビジネスピープルに英語を教えながら、自分の英語力がビジネス現場でどれだけ通用するのか、試す機会を持ちたいとずっと考えていました。

そこで実行したこと…それは「アメリカで就職し、働いてみる」です。

前回の投稿では、ビザや就職ルートなど、アメリカでの一般的な就職活動とそこで必要とされる英語力についてご紹介をさせて頂きました。今回は、私がニューヨーク在住中に経験した、カルバンクライン本社への入社プロセスをご紹介しています。ドキドキの面接や筆記試験の様子など、詳しくはこちらからご覧ください!

http://ceburyugaku.jp/14932/

 

7th Ave

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
The following two tabs change content below.
愛場 吉子

愛場 吉子

筑波大学 国際総合学類 卒業 / コロンビア大学大学院にて英語教授法(TESOL)修士号取得 / アルクの企業研修英語講師、スピーキングテストの試験官、評価官を経て、2011年よりCalvin Klein ニューヨーク 本社のライセンスビジネス事業部にて勤務。2014年春に帰国、ビジネス経験と英語教授のスキルを活かし、大手IT企業や外資系製薬会社をはじめとする企業にてビジネスパーソン向け英語指導に従事。

コメントをどうぞ

CONTACT PAGETOP